Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国テレビ局や金融機関でマルウェアの大規模感染が発生

韓国の主要放送局や金融機関において、3月20日午後にPC端末が利用できなくなる大規模なシステム障害が発生した。マルウェア感染が原因で、北朝鮮が関与したとの憶測も出ている。

今回の攻撃では、マルウェアによりOSの起動に用いるマスターブートレコード「MBR」が書き換えられ、端末が起動できなくなった。またシステム内部のファイルを破壊したり、韓国産のセキュリティ対策ソフトを停止するといった機能も含まれる。

マルウェアを分析したマカフィーによれば、「MBR」の破壊に用いられたマルウェアは、外部と通信する機能を備えておらず、システムを使用不能とするために作成されたと同社は分析している。

同マルウェアの侵入に用いられた「ドロッパー」は、管理ツールで組織内へ配信されたと見られている。また内部には「Linux」「HP-UX」「SunOS」のファイルシステムの破壊を目的としたモジュールも含まれていた。シマンテックは、Windowsマルウェアの内部にLinuxを破壊するコンポーネントが含まれているケースは異例であると指摘している。

今回のマルウェアについて、シマンテックでは、「Trojan.Jokra」および「WS.Reputation.1」、マカフィーでは「KillMBR-FBIA」および「Dropper-FDH」、トレンドマイクロでは「TROJ_INJECTO.BDE」として検出が可能だという。また韓国のアンラボでは、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルによる対応にくわえ、専用ワクチンの提供を開始している。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも