Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Play」で配布されるアプリの1割弱が不正ソフト - トレンド調査

トレンドマイクロは、「Google Play」において配布されているアプリの1割弱にあたる6万8740件が不正アプリだったとの調査結果を明らかにした。

同社が、インターネット上で配布されている200万件以上のAndroidアプリについて解析を行ったもの。「Google Play」では約70万件のアプリが公開されており、同社では6万8740件の不正アプリを検知したという。

また、「Google Play」を含むインターネット上で公開されている200万件以上のアプリを解析したところ、悪意があると思われる29万3091件の不正アプリを捕捉。そのうち15万203件は高いリスクが存在した。

さらに解析したアプリの22%は、ネットワークやSMS、電話などを介して端末識別番号やSIMカードの固有番号、連絡先情報、電話番号などユーザー情報を不正に漏洩していたという。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍