Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Evernoteのアカウント情報が流出 - パスワードリセットを実施

クラウド型のデータ保存サービス「Evernote」のアカウント情報が外部に流出したことがわかった。同社では安全措置として、全利用者のパスワードをリセットしている。

同サービスは、コンシューマーからビジネスまで全世界で約5000万人が利用するデータ保存サービス。同社が内部ネットワークにおいて不審な動きを検知し、調査したところ、利用者のIDやメールアドレス、暗号化されたパスワードなどが、不正アクセスを受けていたことが判明したという。

同社では、今回の不正アクセスについて組織的な攻撃の可能性があるとし、全利用者のパスワードに対してリセットを実施。利用者がサービスへログインするためには、ウェブ上からパスワードを再設定する必要がある。

同サービス上に利用者が保存していたデータについては、不正アクセスの形跡は確認されていないとして、同社は流出や改ざん、消失の可能性について否定した。また有償サービスの決済情報についても影響ないとしている。

お詫びと訂正……流出件数に関するタイトル、および本文の表記について一部修正しました。ご迷惑をおかけした関係者、読者のみなさまお詫びし訂正いたします。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス