Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Evernoteのアカウント情報が流出 - パスワードリセットを実施

クラウド型のデータ保存サービス「Evernote」のアカウント情報が外部に流出したことがわかった。同社では安全措置として、全利用者のパスワードをリセットしている。

同サービスは、コンシューマーからビジネスまで全世界で約5000万人が利用するデータ保存サービス。同社が内部ネットワークにおいて不審な動きを検知し、調査したところ、利用者のIDやメールアドレス、暗号化されたパスワードなどが、不正アクセスを受けていたことが判明したという。

同社では、今回の不正アクセスについて組織的な攻撃の可能性があるとし、全利用者のパスワードに対してリセットを実施。利用者がサービスへログインするためには、ウェブ上からパスワードを再設定する必要がある。

同サービス上に利用者が保存していたデータについては、不正アクセスの形跡は確認されていないとして、同社は流出や改ざん、消失の可能性について否定した。また有償サービスの決済情報についても影響ないとしている。

お詫びと訂正……流出件数に関するタイトル、および本文の表記について一部修正しました。ご迷惑をおかけした関係者、読者のみなさまお詫びし訂正いたします。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack