Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスターとJMASが連携、スマートデバイス向けブラウザ「KAITO」のセキュリティ強化

ネットスターとジェーエムエーシステムズ(JMAS)は提携し、フィルタリング機能を備えたスマートフォン向けブラウザ「KAITO」の提供を3月下旬より提供開始する。

両社は技術面で提携し、フィルタリング事業を展開するネットスターのウェブコンテンツデータベースやクラウドサービスプラットフォームと、JMASが開発するセキュリティ面を強化したスマートデバイス向けブラウザ「KAITO」の連携を実現した。

JMASでは、従来のセキュリティ機能にくわえ、URLフィルタリング機能を強化した「KAITO」を利用者へ提供し、幅広いユーザーニーズに対応する。対応OSはiOS5.0以降およびAndroid2.2以降。月額利用料は577円。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
ブロックチェーンシステム向けにセキュリティ診断サービス - NRIセキュア
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開