Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスターとJMASが連携、スマートデバイス向けブラウザ「KAITO」のセキュリティ強化

ネットスターとジェーエムエーシステムズ(JMAS)は提携し、フィルタリング機能を備えたスマートフォン向けブラウザ「KAITO」の提供を3月下旬より提供開始する。

両社は技術面で提携し、フィルタリング事業を展開するネットスターのウェブコンテンツデータベースやクラウドサービスプラットフォームと、JMASが開発するセキュリティ面を強化したスマートデバイス向けブラウザ「KAITO」の連携を実現した。

JMASでは、従来のセキュリティ機能にくわえ、URLフィルタリング機能を強化した「KAITO」を利用者へ提供し、幅広いユーザーニーズに対応する。対応OSはiOS5.0以降およびAndroid2.2以降。月額利用料は577円。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応