Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、スマホアプリにセキュリティ機能を実装できるソリューション

SCSKは、スマートフォン向けアプリのセキュリティ対策を実現する米Mocana製ソリューション 「MAP(Mobile App Protection)」の販売を開始した。

同製品は、iPhoneやiPadで利用するiOS向けアプリや、Android向けアプリにおける情報漏洩対策や、通信の保護、盗難対策、アプリの配信などを実現するセキュリティソリューション。

導入にあたりコーディングは不要で、セキュリティモジュールを数クリックするだけでアプリに組み込むことが可能。ファイル入出力の暗号化や、VPN接続、カット&ペーストの抑止、root化された端末での動作を抑止し、アプリを端末内にインストールされたほかの悪意のあるプログラムから保護できる。

さらに外部からリモートワイプのほか、ユーザー管理、グループ設定、セキュリティポリシーの設定、配信アプリの管理が行える。

(Security NEXT - 2013/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作