Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年のセキュリティ製品市場、年成長率3%台を確保する見込み

IDC Japanは、国内における情報セキュリティ製品の市場予測を発表した。ソフトウェア、アプライアンスいずれも堅調だという。

同社によれば、2012年のソフトウェア製品市場は前年比3.9%増となる1897億円となる見込み。エンドポイント向け製品を中心とする「セキュアコンテンツ、脅威管理」と「アイデンティティ、アクセス管理」が市場を牽引しており、2013年以降も引き続き需要は拡大していくと予想している。

今後4年間の年間平均成長率は4%と、堅調に推移すると見ており、2016年の市場規模は2219億円に拡大すると同社では分析している。

一方、セキュリティアプライアンス製品市場の市場規模は前年比3.4%増の281億円になる見込み。「ファイアウォール、VPN」や「IDS/IPS」「ウェブセキュリティ市場」の需要が大きいという。

2013年以降についても、モバイルデバイスの普及によるリモートアクセス基盤の需要拡大や、標的型攻撃対策への需要に支えられ成長すると予測。年間平均成長率は、3.4%で2016年の市場規模を321億円と予想している。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
2016年度の振る舞い検知サービス市場は59億円 - 2021年度は145億円に