Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年のセキュリティ製品市場、年成長率3%台を確保する見込み

IDC Japanは、国内における情報セキュリティ製品の市場予測を発表した。ソフトウェア、アプライアンスいずれも堅調だという。

同社によれば、2012年のソフトウェア製品市場は前年比3.9%増となる1897億円となる見込み。エンドポイント向け製品を中心とする「セキュアコンテンツ、脅威管理」と「アイデンティティ、アクセス管理」が市場を牽引しており、2013年以降も引き続き需要は拡大していくと予想している。

今後4年間の年間平均成長率は4%と、堅調に推移すると見ており、2016年の市場規模は2219億円に拡大すると同社では分析している。

一方、セキュリティアプライアンス製品市場の市場規模は前年比3.4%増の281億円になる見込み。「ファイアウォール、VPN」や「IDS/IPS」「ウェブセキュリティ市場」の需要が大きいという。

2013年以降についても、モバイルデバイスの普及によるリモートアクセス基盤の需要拡大や、標的型攻撃対策への需要に支えられ成長すると予測。年間平均成長率は、3.4%で2016年の市場規模を321億円と予想している。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増