Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託業者のPCがウイルス感染、顧客情報が流出 - 四国電力

四国電力は、委託業者のパソコンに保存されていた顧客の個人情報445件が、ネットワーク上に流出していたことを明らかにした。

流出が判明したのは、2004年から2005年に高知県内で開催した電化住宅イベントの来場者445人に対するアンケート。氏名、住所、電話番号、家族人数、使用している給湯器や調理器具のデータなどが含まれる。

1月15日に外部から指摘があり流出が発覚したもので、調査により、アンケート結果のデータ化を委託した業者のパソコンがウイルスへ感染し、内部に保存されていたファイルがインターネット上へ流出したことがわかったという。

同社では、対象となる顧客を個別に訪問して説明や謝罪を行っている。また、委託先の監督を徹底するなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ノロウイルス食中毒警報メールで誤送信 - 神戸市
セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に
日本年金機構の個人情報漏洩問題、真相究明後に処分検討 - 厚労相
個人情報や検診結果含むがん検診受診票が所在不明 - 枚方市
サイト上で顧客情報を誤表示、他人クレカで決済も - ソースネクスト
情報流出の可能性「きわめて低い」 - 共同通信PRワイヤーが報告
PCがウイルス感染、顧客や報道関係者の個人情報が流出か - 共同通信PRワイヤー
「もんじゅ」のPCにウイルス、情報漏洩の可能性 - 核防護関連は含まれず
サイトに不正アクセス、顧客情報漏洩やウイルス感染のおそれ - アルインコ
元契約社員のPCからファイル共有ソフト経由で顧客情報流出 - NTT西