Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託業者のPCがウイルス感染、顧客情報が流出 - 四国電力

四国電力は、委託業者のパソコンに保存されていた顧客の個人情報445件が、ネットワーク上に流出していたことを明らかにした。

流出が判明したのは、2004年から2005年に高知県内で開催した電化住宅イベントの来場者445人に対するアンケート。氏名、住所、電話番号、家族人数、使用している給湯器や調理器具のデータなどが含まれる。

1月15日に外部から指摘があり流出が発覚したもので、調査により、アンケート結果のデータ化を委託した業者のパソコンがウイルスへ感染し、内部に保存されていたファイルがインターネット上へ流出したことがわかったという。

同社では、対象となる顧客を個別に訪問して説明や謝罪を行っている。また、委託先の監督を徹底するなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大
イベントの中止案内メールを誤送信 - 日本財団
新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
ノロウイルス食中毒警報メールで誤送信 - 神戸市
セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に