Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類の記載ミスによる個人情報漏洩を公表 - 経産省

経済産業省は、作業ミスにより発生した個人情報漏洩事故について公表した。

同省によれば、1月4日に経済産業政策局で発生したもの。同省職員が、調査業務の準備としてアンケートに関する書面を対象企業へ送付したが、書面に記載された氏名が異なっていたため、15人分の情報が誤った宛先に送られたという。

同省では、漏洩した情報の特定を急いでおり、関係者に対して謝罪したいとしている。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
メルマガ誤送信で顧客の個人情報が流出 - テクノル
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
名刺を収納したファイルが所在不明に - 野村證券
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構