Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサイン、「脆弱性アセスメント」に中間CA証明書チェック機能を追加

日本ベリサインは、サイトの脆弱性を定期的にチェックする「脆弱性アセスメント」サービスに、中間CA証明書チェック機能を追加した。

「脆弱性アセスメント」は、同社のSSLサーバ証明書を利用している顧客向けの無償サービスで、ウェブサイトに脆弱性がないか定期的に診断できる。今回「中間CA証明書」のチェックする機能をあらたに追加した。

今回の機能強化により、中間CA証明書の設定忘れや期限切れ、クロスルート設定用証明書の設定順序間違いといった不備の検知が可能。利用者がサイトにアクセスできなくなるなどのトラブルを未然に防ぐことができる。

(Security NEXT - 2013/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト