Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の内部資料が匿名で郵送、流出経路は不明 - 水戸信金

水戸信用金庫は、顧客情報を含む潮来支店の内部資料が外部へ流出したことを明らかにした。外部から書類が届き、問題が判明したという。

12月10日に同金庫の本店へ届いた封書のなかに、内部資料の原本が入っていたもの。同資料には、潮来支店の個人顧客50人の氏名、住所、電話番号、融資残高などが記載されていた。

資料の記載内容は10月31日時点のものだが、封書に差出人の記載はなく、現段階で流出経路は不明。同金庫では対象となる顧客と直接面談し、事実説明と謝罪を行っているが、二次被害は確認されていないという。

(Security NEXT - 2012/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
委託先がマイナンバー記載の書類を紛失、誤廃棄か - 大阪市
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市
メールサーバに不正アクセス、顧客情報が流出か - 優良住宅ローン
メール誤送信で災害報道関係者のメアド流出 - 内閣官房
料金収納振込票、運搬袋のファスナー閉めず紛失 - ローソン
4年前の個人情報入りUSBメモリ紛失、匿名で届き発覚 - 大阪市
補助金申請事業者の情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京商工会
手話通訳者登録試験で別人の受験票を誤送付 - 堺市
日本郵便、マイナンバー通知の配達ミスを公表