Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む指示文書を第三者にFAX誤送信 - 厚労省

近畿厚生局は、京都事務所において、医療機関に個人情報含む指示文書をファックス送信した際、誤って第三者へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同局によれば、1月12日8時半過ぎ、京都事務所が保険指導の対象としていた保険医療機関に対し、事前に10人分の診療録を準備するよう指示した文書をファックスで送付したが、数分後に第三者から身に覚えのない文書が届いたと連絡があり、誤送付が判明した。

問題の文書には、対象患者の氏名、生年、保険医療機関名、加入保険制度が記載されていた。相手先番号の確認が不十分だったことが原因としている。

同日、京都事務所では誤送付先を訪問し、謝罪するとともに指示文書を回収した。また送信先である保険医療機関を訪問して謝罪。1月21日および22日に、指示文書に記載があった患者に謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2023/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市