Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生銀ATMにスキミング機器、暗証番号も盗撮 - 海外で600万円以上の不正出金

10月から11月にかけて新生銀行の複数ATMにスキミング機器が設置され、海外で不正出金される被害が発生したことがわかった。同行や他金融機関など130枚分のカード情報が窃取されたと見られており、すでに被害額は600万円以上にのぼっている。

20121219_sb_001.jpg
スキミング被害が発生した新生銀行

同行によれば、10月28日に自由が丘出張所、11月17日および18日に上野支点のATMへスキミング機器が設置され、ATM利用顧客のキャッシュカード番号などが読み取られた。

12月14日から15日にかけて、海外の出金について身に覚えのないとの問い合わせが10件寄せられ、ATMの防犯映像を確認したところ犯行が判明。カード挿入口に設置された小型の機器でカード情報を取得し、上部に設置された小型カメラで暗証番号を読み取られたという。

今回の犯行により、12月18日時点で、同行のキャッシュカード71件を含む130件の情報が不正取得された可能性がある。同行利用者では、30人の顧客で偽造カードによる不正出金の被害が判明しており、被害額は641万7129円にのぼる。いずれもカンボジアで現金が引き出された。他金融機関のカードを利用した顧客の被害状況はわかっていない。

同行では、対象となる顧客のATMでの払い出しを停止し、個別に連絡して被害状況の確認を進めている。また18日から21日にかけて一部ATMを停止し、被害防止対策を実施する。

(Security NEXT - 2012/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども