Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iTunes」利用者も影響を受ける「QuickTime」の脆弱性に注意 - 実証コードが公開

Appleが提供するマルチメディアソフト「QuickTime」のWindows版に含まれる脆弱性「CVE-2012-3752」の実証コードが公開されている。セキュリティ専門家も脆弱性の再現性を確認しており、アップデートを呼びかけている。

「QuickTime」は、「iTunes」を利用する際などにも必要となるマルチメディアソフト。問題の脆弱性は、同ソフトの「TeXMLファイル」における「style要素」の処理に存在しており、Windows向けに提供されている「QuickTime 7.7.2」および以前のバージョンが影響を受ける。

悪意あるファイルを読み込ませるよう細工したウェブサイトへアクセスしたり、ファイルを直接開いた場合、任意のコードを実行されるおそれがある。Appleでは、同脆弱性をはじめとする9件の脆弱性を修正するアップデート「QuickTime 7.7.3」を11月7日に公開している。

すでに実証コードが公開されており、NTTデータ先端技術では、検証システムを用いて脆弱性の再現性について調査を実施。脆弱性を用いることで外部からターゲットシステムを操作できることを確認し、最新版へのアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性