Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、Androidアプリの解析ライブラリをOSSで公開 - Android SDK不要

セキュアブレインは、Androidアプリの解析ライブラリを、オープンソースとして公開した。

同ソフトは、Androidアプリの静的解析が行えるRubyライブラリ。Android SDKを必要とせず、外部環境に依存せずに利用でき、マニフェストファイルや実行ファイルを解析できる。

同社では、Androidアプリの解析や分析に関わるコミュニティに対して貢献したいとして、公開にあたりMITライセンスを採用。フィードバックによる品質向上を目指している。

(Security NEXT - 2012/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応