Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、Androidアプリの解析ライブラリをOSSで公開 - Android SDK不要

セキュアブレインは、Androidアプリの解析ライブラリを、オープンソースとして公開した。

同ソフトは、Androidアプリの静的解析が行えるRubyライブラリ。Android SDKを必要とせず、外部環境に依存せずに利用でき、マニフェストファイルや実行ファイルを解析できる。

同社では、Androidアプリの解析や分析に関わるコミュニティに対して貢献したいとして、公開にあたりMITライセンスを採用。フィードバックによる品質向上を目指している。

(Security NEXT - 2012/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応