Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キッズステーション公式サイトで不具合 - 会員登録画面に別人のメールアドレス

CS放送局のキッズステーションは、同社ウェブサイトで提供している会員サービス「キッズくらぶ」の登録画面に、利用者とは関係ない別人のメールアドレスが表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

会員へ新規登録する登録画面上に、仮登録を行った他利用者のメールアドレスが表示される不具合が発生したもの。10月1日12時から22日14時にかけて同サービスに仮登録した最大2753人が影響を受ける可能性がある。

10月22日に利用者から不具合の指摘があり問題が判明、同日14時にサービスを停止した。原因は、サイトリニューアルにともなう会員登録機能のプログラムミスで、特定の条件下でIDを重複して発行する状態に陥った。

同社では、プライバシーマークの審査機関である放送セキュリティセンターへ事態を報告。対象となる利用者へ謝罪を行うとしている。また会員サービスについては、再発防止策を講じたうえで再開する予定。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府