Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キッズステーション公式サイトで不具合 - 会員登録画面に別人のメールアドレス

CS放送局のキッズステーションは、同社ウェブサイトで提供している会員サービス「キッズくらぶ」の登録画面に、利用者とは関係ない別人のメールアドレスが表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

会員へ新規登録する登録画面上に、仮登録を行った他利用者のメールアドレスが表示される不具合が発生したもの。10月1日12時から22日14時にかけて同サービスに仮登録した最大2753人が影響を受ける可能性がある。

10月22日に利用者から不具合の指摘があり問題が判明、同日14時にサービスを停止した。原因は、サイトリニューアルにともなう会員登録機能のプログラムミスで、特定の条件下でIDを重複して発行する状態に陥った。

同社では、プライバシーマークの審査機関である放送セキュリティセンターへ事態を報告。対象となる利用者へ謝罪を行うとしている。また会員サービスについては、再発防止策を講じたうえで再開する予定。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
アクセ通販サイトに不正アクセス - クレカや顧客DBが流出か
観光列車予約システムに不具合、別の顧客情報を表示 - 西鉄
工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省