Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、Windows 8向けに3種類の無料セキュリティアプリを公開

トレンドマイクロは、Windows 8向けのセキュリティアプリ「セキュリティ脅威マップ」「リモートアラーム」「あんしんブラウザ」を、Windowsストアで公開した。

「セキュリティ脅威マップ」では、世界で発生している脅威の検出数に応じて色分けした地図を表示。検出数の多い不正プログラムや不正サイトの地域別ランキングを確認できる。また「ウイルスバスタークラウド」の機能を呼び出したり、保護状況、ライセンス期間を確認できる。

「リモートアラーム」は、インストールした端末を紛失した場合、別の端末を使って同アプリや専用サイトから位置を特定したり、アラームを鳴らすことができるアプリ。「あんしんブラウザ」は、検索結果やSNS上に表示されるリンクの安全性を色分けして表示するとともに、不正サイトへのアクセスをブロックする。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
今週でサポート終了の「Windows Vista」 - 数十万台規模が国内で稼働か
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
MS、定例外の修正パッチを急遽リリース - Adobe Flash Playerの脆弱性に対処
2016年3Qの脆弱性登録は1738件 - 製品別では「Android」が最多
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応
「Windows 10」への自動アップグレード、消費者庁がキャンセル法を紹介