Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows 8.1」「WS 2012 R2」に修正パッチを急遽公開

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新で修正した2件の脆弱性について、対象範囲を拡大した。「Windows 8.1」「Windows Server 2012 R2」の利用者はアップデートを実施する必要がある。

同社は、8月11日に月例セキュリティ更新として公開した2件の脆弱性「CVE-2020-1530」「CVE-2020-1537」について内容を更新。「Windows 8.1」「Windows Server 2012 R2」のセキュリティアップデートを追加したもの。

これら脆弱性は、いずれも「Windows」のリモートアクセスに関連する脆弱性。悪意あるプログラムを実行すると、権限の昇格が生じるおそれがあり、深刻度はいずれも「重要(Important)」とレーティングされている。悪用などは確認されていない。

同社は、米時間8月19日にセキュリティ更新プログラム「4578013」をリリース。両OSの利用者に対し、アップデートを実施するよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2020/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性
「InDesign」「Adobe Framemaker」に複数の深刻な脆弱性 - 更新版リリース
Google、「Chrome 85」をリリース - 5件の脆弱性に対処
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
プロキシサーバ「Squid」に深刻な脆弱性 - DoS攻撃やキャッシュ汚染のおそれ