Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、Java開発支援ツールにAndroidオプション

日立ソリューションズは、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」のAndroid向け機能を強化する「anyWarp CodeDirector Android オプション」を発売した。

「anyWarp CodeDirector」は、Java開発のコーディングルール違反をプロジェクトで定めた標準化ルールに従って組織的にチェックし、ソフトウェアの品質管理を実現する製品。

同オプションでは、Googleが公開しているAndroidアプリケーション開発用ガイドラインに従っているか診断したり、性能低下の恐れがある演算を検出するなど、Android特有のルールをもとに、非効率なコードを指摘。Androidアプリケーション開発を効率化を支援する。

価格は、10ユーザーライセンスの「anyWarp CodeDirector」が105万円から。「anyWarp CodeDirector Androidオプション」は21万円。

(Security NEXT - 2012/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも