Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エアアジアのサイトで不具合 - 利用者と別人の個人情報を誤表示

格安航空会社であるエアアジア・ジャパンのウェブサイトで、ログイン時に利用者とは関係ない別人の個人情報が表示される不具合が発生した。

10月7日20時ごろ、同社がグローバルサイトの更新作業を行った際に不具合が発生したもので、顧客向けページを表示した際、関係ない別人の個人情報が表示された。氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、クレジットカード番号の一部など含まれ、19人に影響があったと見られている。

同社では、今回の問題を受けて日本語サイトを一時停止。会員ページ以外について再開したが、会員向けのログイン機能についてはメンテナンスを行っている。

(Security NEXT - 2012/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
DV被害者の個人情報を漏洩、経緯は調査中 - 東彼杵町
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市