Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エアアジアのサイトで不具合 - 利用者と別人の個人情報を誤表示

格安航空会社であるエアアジア・ジャパンのウェブサイトで、ログイン時に利用者とは関係ない別人の個人情報が表示される不具合が発生した。

10月7日20時ごろ、同社がグローバルサイトの更新作業を行った際に不具合が発生したもので、顧客向けページを表示した際、関係ない別人の個人情報が表示された。氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、クレジットカード番号の一部など含まれ、19人に影響があったと見られている。

同社では、今回の問題を受けて日本語サイトを一時停止。会員ページ以外について再開したが、会員向けのログイン機能についてはメンテナンスを行っている。

(Security NEXT - 2012/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
メルマガ誤送信で登録者のメアドが流出 - 台東区