Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノーベル賞を受賞した山中伸弥氏の偽Twitterアカウントに注意

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究成果を認められ、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大教授を装う偽Twitterアカウントが出回っている。

問題の偽アカウントは、「@YamanakaShinya」。最初の発言が8月9日で今回の受賞に便乗して作成されたアカウントではないが、山中教授の写真やプロフィールを利用し、「ツイッターをはじめました」「すごい発見をした」「ノーベル賞キター」など、本人になりすました発言を繰り返している。

フォロワー数が1万7000件を越える人気アカウントだが、同氏が所長を務める京都大学iPS細胞研究所(CiRA)では、山中教授がTwitterによる情報発信を行っていないと説明。これら発言が山中教授によるものではないとして。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多