Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「情報セキュリティ国際キャンペーン」を推進 - 加害者にならぬよう対策呼びかけ

政府は、10月に「情報セキュリティ国際キャンペーン」を展開し、国際連携を活用した行事や情報セキュリティ対策の情報提供に注力する。

すでに政府では、2月を「情報セキュリティ月間」に定め、情報セキュリティの啓発などを広く訴えているが、ウイルスや情報漏洩など日常の脅威となっていることや国境を越えた国際連携が重要であるとして、今回のキャンペーン実施を決めた。

藤村修内閣官房長官は、セキュリティ対策を怠った場合、みずから被害を受けるだけでなく、他人へ知らないうちに害を与えると危険性を指摘。

従来から掲げている情報セキュリティ対策3か条「個人情報等の重要な情報の扱いは慎重に」「パソコンなどはつねに最新のセキュリティ状態に」「不審なサイトやメールにアクセスしない」について一層推進するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大