Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dr.Web for Android」がアップデート - 検知マルウェアが新種か報告

Doctor Web Pacificは、「Dr.Web 7.0 for Android」をアップデートし、新機能を追加した。

最新版では、検知したマルウェアが新種であるか、既知マルウェアの亜種であるか、ユーザーに報告する機能を追加。同社研究機関への新種のみ送信し、既知のマルウェアに関する報告を省略できる。

またカスタムスキャン実施後に表示される脅威リスト上のファイルを、解析するために同社へ送信する機能を搭載。Appleがアプリに用いているアーカイブフォーマット「ipa(Apple Device Application File)」へあらたに対応した。

さらにアップデートやライセンス更新の簡略化を行ったほか、ユーザーインタフェースや安定性の改善なども行っている。

(Security NEXT - 2012/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも