Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 10」の「Flash Player」に脆弱性 - MSが修正パッチで対応

マイクロソフトは、「Internet Explorer 10」に含まれる「Adobe Flash Player」の脆弱性を修正する更新プログラムを提供開始した。

更新プログラムは、「Windows 8」および「Windows Server 2012」へ提供している「IE 10」の「Adobe Flash Player」に含まれる脆弱性を修正するパッチ。

同社製品の脆弱性を修正するプログラムではないため、「セキュリティ更新プログラム」ではなく、「更新プログラム」として公開しており、セキュリティアドバイザリにて対応を呼びかけている。

同プログラムでは、Adobe Systemsが8月14日に公開したアップデートで解消した「CVE-2012-1535」のほか、8月21日のアップデートで対応した8件の脆弱性に対応したという。「CVE-2012-1535」についてはすでに脆弱性に対する攻撃が発生している。

同社は、ブラウザとして「IE」を利用していない場合でも、Officeなど他アプリケーションからIE経由で「Adobe Flash Player」を呼び出す可能性があるとして適用を推奨している。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処