Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配布方法の巧妙化が進むAndroidマルウェア

トレンドマイクロは、8月にAndroid端末で利用できる便利なソフトを装ったマルウェアが複数確認されたとして、注意を呼びかけている。

月次レポートにまとめたもので、8月には「Power Charge」「電池長持ち」「電波改善」「app電話帳リーダー」「無料電話」など便利なツールを装ったAndroid向け不正プログラムを同社では確認した。

これらはすべてGoogle Play以外のサイトで配布されたもの。太陽光で充電できるとした「Power Charge」は配布サイトにおいて、ユーザーの口コミに見せかけた投稿が行われていた。

また「電池長持ち」は「わんこアプリ」と称してFacebookの愛犬家のコミュニティにURLが掲載されていたほか、女性を対象に高収入の副業すると見せかけてアプリを配布するなど、配布の手口が巧妙化している。

トレンドマイクロでは、今後、さらなる巧妙化が懸念されるとして、正規マーケット以外からアプリをダウンロードする際には十分警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通
「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」
中学生作成のランサムウェア、暗号鍵がハードコード - サンプルコード利用の形跡も
「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装