Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ODNからの警告装うフィッシングメールに注意 - 偽サイトが稼働中

ISPの「ODN」によるセキュリティアラートを装い、ウェブメールサービスのアカウント情報を詐取しようとするフィッシング攻撃が発生している。

今回確認されたのは、「セキュリティの警告」という件名で送信されているフィッシングメール。不具合が生じているとして、偽サイトへ誘導してIDやパスワードを詐取する。本文には、「アカウントは、セキュリティの問題用のフラグが付けられている」とやや不自然な日本語表現も見られた。

誘導先のフィッシングサイトは、28日午前中の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。不正サイトへ誤ってアカウント情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加