Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、データベースの不正操作を防ぐ新サービス

NRIセキュアテクノロジーズは、データベースに対する不正操作の監視や保護を実現する「DBファイアウォール管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、データベースサーバとネットワーク機器の間にImperva製データベースファイアウォール「SecureSphere」を設置し、アクセス状況をリアルタイムで監視。不正アクセスを遮断するサービス。

定義ファイルで検知する「ブラックリスト方式」と稼働するデータベースから学習した情報をもとに不正を検知する「異常検知方式」に対応。NRIセキュアが24時間体制で検知状況を監視し、検知時はあらかじめ設定した対応方針に基づき、利用者へ連絡し、対応策などをアドバイスする。

また前日分の検知状況を通知する「日次レポート」や、1カ月間の検知状況をまとめた「月次レポート」を提供。またデータベースファイアウォールのログをもとに個別にコメントを提供する「エグゼクティブサマリレポート」を提供する。

(Security NEXT - 2012/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応