Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JP-Secure、「Ubuntu」などホスト型WAFの対応OSを拡充 - 「FreeBSD」も対応予定

120730js_01.jpg

ジェイピー・セキュアは、ホスト型のウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)「SiteGuard Lite」の最新版をリリースした。

同製品は、「Apache HTTP Server」のモジュールとして動作し、ネットワーク構成を変更せずに導入できるWAF製品。ゲートウェイ型WAFである「SiteGuard」のシグネチャを活用しており、ブラックリストによりウェブアプリに対する不正アクセスを防止する。

利用者側でチューニングすることなく、「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」などリスクが高い攻撃からウェブアプリを保護することが可能で、検査対象の除外や独自の防御ルール作成などにも対応する。

最新版となる「同Ver1.10」では、サポート対象OSを拡充。従来より対応している「Red Hat Enterprise Linux」「CentOS」のほか、「Scientific Linux」と「Ubuntu」を追加した。さらに近日中に「FreeBSD」へ対応する予定。

初年度のライセンス価格は、26万4600円。次年度以降は初年度の半額で提供する。ボリュームディスカウントやホスティング事業者向けのプランも用意している。

(Security NEXT - 2012/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能