Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモの「spモード」で一時障害 - 他利用者が設定変更可能に

NTTドコモのスマートフォン向けメールサービス「spモード」において障害が発生した。すでに修正が完了しているが、約1000件の利用者に影響があったと見られている。

7月25日1時41分ごろから「spモード設定情報サイト」に不具合が生じたもので、同サイトを通じて本人以外の利用者が、「メール」「パスワード」「Wi-Fi」「公衆無線LAN」の設定内容を変更できる状態になった。同社は9時14分に同サイトを停止し、修正を実施して13時37分に再開している。

同サイトへのアクセスを管理するサーバのソフトウェアアップデートにともなう設定ミスが原因だったという。約1000件の利用者に影響があったと見られており、同社は関連する顧客へ直接連絡を取っている。

(Security NEXT - 2012/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTドコモの「spモードメール」に複数の脆弱性 - 一部は修正せず注意喚起のみ
ドコモ、法人契約のiモードとスマホを一元管理できるサービス
NTTドコモ、Androidスマホ向けに統合セキュリティサービス
デジタルアーツ、Android向けフィルタリングアプリの月額版を提供開始
Android向けspモードアプリに脆弱性が判明 - アップデートが公開
NTTドコモ、情報漏洩や障害で役員報酬をカット - スマホ環境整備で1600億円を投資
NTTドコモのスマホサービスで他利用者のメルアドに置き換わる不具合 - 10万件に影響か