Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ

NTTドコモの一部5G契約回線において、7月7日18時15分ごろよりインターネット通信が利用しづらい状態が発生した。現在は回復している。

一時「spモード」を利用しづらい状況に陥ったもので、対象地域は、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県など東北地方をはじめ、北陸地方の富山県、石川県、福井県、中部地方の静岡県、愛知県、岐阜県、三重県としている。

今回の通信障害について同社は、同日19時25分ごろに回復したとしており、原因について調べている。

(Security NEXT - 2022/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ