Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ

NTTドコモの一部5G契約回線において、7月7日18時15分ごろよりインターネット通信が利用しづらい状態が発生した。現在は回復している。

一時「spモード」を利用しづらい状況に陥ったもので、対象地域は、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県など東北地方をはじめ、北陸地方の富山県、石川県、福井県、中部地方の静岡県、愛知県、岐阜県、三重県としている。

今回の通信障害について同社は、同日19時25分ごろに回復したとしており、原因について調べている。

(Security NEXT - 2022/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
「LockBit」の被害ファイルを復号できるかチェックするツール
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
中学校で生徒用端末から教員用資料が閲覧可能な状態に - 文京区
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期