Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「飲食店.COM」に不正アクセス、会員のアカウント情報4万2000件流出か

飲食店向けの物件情報提供サイト「飲食店.COM」が不正アクセスを受け、会員のメールアドレスやパスワードが外部へ流出した可能性のあることがわかった。

サイトを運営するシンクロ・フードによれば、7月17日9時50分ごろに不正アクセスを受けたもので、2010年6月24日以前に同サイトへ登録した会員のメールアドレスやログインパスワードなど4万2875件が外部に漏洩した可能性があるという。

同社では不正アクセスの発覚後、警察へ被害届を提出。情報処理推進機構と経済産業省に事態を報告した。

また不正アクセス対策を実施した上でサービスを再開し、対象となる会員に対してパスワードの変更を案内。同社が運営する一部サイトについて、管理体制の確保を理由にサービスを停止したという。

(Security NEXT - 2012/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ