Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性DB「JVN iPedia」の登録件数が前四半期の約1.4倍となる2万2934件に - 半数は深刻度「危険」

情報処理推進機構(IPA)は、2012年第2四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況について取りまとめた。累計登録数が前四半期の1.4倍へと拡大している。

同データベースでは、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性対策情報、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の掲載情報、米国国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」より収集した情報を、2007年4月より提供している。

同四半期に登録された脆弱性対策情報は、国内製品開発者から収集した情報が1件、JVNの掲載情報が273件、NVDの情報が6766件の合計7040件だった。未反映だったNVDの6000件を追加したことから、前四半期の1.4倍へと拡大し、累計登録数は2万2934件に達している。

登録された脆弱性を種類別に見ると「SQLインジェクション」が951件で最多。「クロスサイトスクリプティング」が741件で次に多い。

そのほか「バッファエラー(563件)」「認可・権限・アクセス制御の問題(400件)」「パストラバーサル(345件)」「不適切な入力確認(344件)」が続く。いずれも前回を上回る件数が登録された。

深刻度は3段階で分類しているが、CVSS基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」が、全体の46%を占める。「警告」の「レベルII」についても47%にのぼり、「注意」の「レベルI」はわずか7%だった。深刻な脆弱性の追加が目立っており、同機構ではバージョンアップやセキュリティパッチの速やかな適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査