Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、スマホ導入時に不可欠なネットワークセキュリティの実装ガイドベータ版を公開

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「スマートフォンネットワークセキュリティ実装ガイド」のベータ版を公開し、意見を募集している。

同ガイドは、企業においてスマートフォンを業務で利用する際に求められるネットワークセキュリティ対策の実装方法や、考慮すべきポイントをまとめた資料。

スマートフォンを導入する法人のネットワーク担当者や責任者、およびネットワーク構築を提案する企業を対象読者に想定しており、安心してスマートフォンを利用できる環境の構築をサポートする。

「不正アクセス」や「なりすまし」「盗聴」といった脅威と、「企業内」「VPN」「公衆無線LAN」など対策が求められる要件を踏まえ、優先度の高いセキュリティ対策の実装方式に着目。「認証」「アクセスコントロール」「暗号化」「不正AP対策」について分析している。ただし「MDM」については、同協会が提供する別のガイドでまとめているため、本ガイドには含まれない。

今回は正式版の提供に先立ち、ベータ版として公開しており、同協会では広く意見を募集している。意見はメールで受け付けており、締切は8月31日。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料