Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、スマホ導入時に不可欠なネットワークセキュリティの実装ガイドベータ版を公開

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「スマートフォンネットワークセキュリティ実装ガイド」のベータ版を公開し、意見を募集している。

同ガイドは、企業においてスマートフォンを業務で利用する際に求められるネットワークセキュリティ対策の実装方法や、考慮すべきポイントをまとめた資料。

スマートフォンを導入する法人のネットワーク担当者や責任者、およびネットワーク構築を提案する企業を対象読者に想定しており、安心してスマートフォンを利用できる環境の構築をサポートする。

「不正アクセス」や「なりすまし」「盗聴」といった脅威と、「企業内」「VPN」「公衆無線LAN」など対策が求められる要件を踏まえ、優先度の高いセキュリティ対策の実装方式に着目。「認証」「アクセスコントロール」「暗号化」「不正AP対策」について分析している。ただし「MDM」については、同協会が提供する別のガイドでまとめているため、本ガイドには含まれない。

今回は正式版の提供に先立ち、ベータ版として公開しており、同協会では広く意見を募集している。意見はメールで受け付けており、締切は8月31日。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都