Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃に対応する政府の緊急支援チーム「CYMAT」が発足 - 26人でスタート、将来40人規模に

政府は、情報セキュリティ緊急支援チーム「CYMAT(Cyber Incident Mobile Assistant Team)」を6月29日に内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ設置した。

同チームは、サイバー攻撃などセキュリティインシデント発生時に被害機関を支援する組織。政府では、各機関にCSIRTの整備を進めて来たが、大きなインシデントが発生した場合に人員不足なども懸念されることから、府省庁間で連携し、横断的に対応できる体制を構築した。

支援対象は、政府機関のほか、CISO等連絡会議のオブザーバー参加機関、独立行政法人。政府CISOである情報セキュリティセンター長が統括責任者を務め、サイバー攻撃に対する被害拡大防止、復旧、原因調査、再発防止などにあたる。

CYMATの要員は、各府省庁から派出された職員で、内閣官房の併任辞令を発令することで構成した。発足時点のメンバーは26人で、最終的には40人程度の規模となる予定。今後は平常時より、構成員の能力向上を目指し、研修や訓練を行う。

(Security NEXT - 2012/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化