Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康診断受診者や臨時職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横須賀市

神奈川県横須賀市の保健所健康づくり課健診センターにおいて、市民健診受診者824人および臨時職員45人の個人情報含むUSBメモリの紛失が発生した。

紛失したUSBメモリには、受診者824人の氏名、生年月日、性別、健診依頼項目などが記録されていた。また、臨時職員45人の氏名、住所、電話番号、生年月日も同じメモリ内に保存されており、そのうち4人については賃金の振込口座情報も含まれるという。

6月7日、同センターの職員が紛失に気付き、全職員でセンター内の捜索を行ったが発見できなかった。対象となる受診者および職員には、順次報告と謝罪を進めるとしている。

(Security NEXT - 2012/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性