Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通エフサス、イントラネット内サーバの脆弱性を診断するサービスを提供

富士通エフサスは、イントラネット内にあるサーバの脆弱性を診断し、結果や対策などを報告する「イントラネットゾーンスキャンサービス」を提供開始する。

同サービスは、組織内のネットワークに診断ツールを一時的に設置して、イントラネット内にあるサーバの脆弱性を診断するもの。セキュリティホールの有無など診断結果とともに、対策などのアドバイスを報告する。

参考価格は、現地作業の基本費用が1カ所あたり6万円。1件のIPに対して診断や分析を実施する場合の費用は9万円/回。複数IPにも対応する。同社では今後2年間に100社へ販売し、1億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す