Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MySQLに認証回避の脆弱性、実証コードが公開 - スキャン行為も増加傾向

MySQLに認証回避の脆弱性「CVE-2012-2122」が発見され、実証コードも公開されているとして、複数のセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、特定条件下でMySQLの認証を回避できる脆弱性。5月7日に公開された「同5.5.24」および「同5.1.63」ですでに修正されている。

今回の問題を受け、IIJのインシデントレスポンスチームであるIIJ-SECTでは、脆弱性の発生要因を分析。

MySQLのバージョン以外に、CPUやパッケージの環境など4種類の要因が複合的に関係しており、脆弱性そのものも一見ジョークのように単純でありながら、影響が大きいとして危険性を指摘している。

一方日本IBMのTokyo SOCでは、MySQLサーバへの調査行為と見られるTCPポート3306番のスキャン検知数が、6月10日、12日に上昇傾向が見られたことを報告。IPアドレス数に目立った変化は見られないものの、両日ともにスキャン検知数が2万件を超えたという。

同脆弱性との因果関係は不明で、脆弱性の悪用を試みる不正ログインについても確認されていないが、MySQLサーバを外部へ公開している場合には注意が必要と警鐘を鳴らしている。

可能であればアクセス制限を実施し、影響の有無を確認した上で、最新バージョンへのアップデートを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表