Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AKB48総選挙に便乗するトロイの木馬 - Android端末内部の画像を破壊

シマンテックは、アイドルグループ「AKB48」の人気投票イベントに便乗するトロイの木馬を発見したとして注意喚起を行った。

120608sy_01.jpg
マルウェアによって書き換えられた画像(画像:シマンテック)

同社が発見したのは、アイドルグループ「AKB48」のファンを狙ったトロイの木馬「Android.Kabstamper」。シングルCDに封入された投票券を用いたファン投票イベント「AKB48選抜総選挙」が実施される数日前より、非公式のAndroidアプリマーケットで流通していたという。

問題のマルウェアは、AKB48のニュースアプリを改変して作成された海賊版と見られており、誤ってインストールすると、端末内に保存されている画像を別の画像に上書きし、破壊する。

当初改変前のアプリは、公式サイトである「Google Play」にて公開されていたが、なんらかの理由で配信が中止。その後サードパーティのマーケット上に今回のマルウェアが登場したという。シマンテックでは、マルウェアが作成された背景や亜種の存在など調査を進めている。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも
北朝鮮グループ由来の新種トロイの木馬「BANKSHOT」が判明 - 米政府が注意喚起
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用