Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AKB48総選挙に便乗するトロイの木馬 - Android端末内部の画像を破壊

シマンテックは、アイドルグループ「AKB48」の人気投票イベントに便乗するトロイの木馬を発見したとして注意喚起を行った。

120608sy_01.jpg
マルウェアによって書き換えられた画像(画像:シマンテック)

同社が発見したのは、アイドルグループ「AKB48」のファンを狙ったトロイの木馬「Android.Kabstamper」。シングルCDに封入された投票券を用いたファン投票イベント「AKB48選抜総選挙」が実施される数日前より、非公式のAndroidアプリマーケットで流通していたという。

問題のマルウェアは、AKB48のニュースアプリを改変して作成された海賊版と見られており、誤ってインストールすると、端末内に保存されている画像を別の画像に上書きし、破壊する。

当初改変前のアプリは、公式サイトである「Google Play」にて公開されていたが、なんらかの理由で配信が中止。その後サードパーティのマーケット上に今回のマルウェアが登場したという。シマンテックでは、マルウェアが作成された背景や亜種の存在など調査を進めている。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェアメールの着信国、日本が2番目