Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、エージェントレスで仮想マシンをウイルスから保護 - リソースや負担軽減を実現

マカフィーは、ウイルス対策ソリューション「McAfee MOVE Anti-Virus」のエージェントレスオプションを5月25日より提供開始する。

「McAfee Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」は、仮想化環境に特化したセキュリティプラットフォーム。同製品では仮想デスクトップやサーバにおける効率的なウイルス対策を実現する。

今回提供するエージェントレスオプションにより、仮想化環境においてゲストOSにエージェントをインストールすることなく、ウイルス対策を実施することが可能。同社のクラウドを利用したグローバル脅威情報サービス「McAfee Global Threat Intelligence」と連携によりマルウェアから保護できる。

また仮想化マシンごとにエージェントを導入する必要がないため、リソースを節約できるほか、セットアップの負担を軽減。さらに「McAfee ePolicy Orchestrator」に対応しており、一元管理やレポートの作成に対応している。

(Security NEXT - 2012/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版