Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報約8万件含む記録テープを紛失 - 郵便事業

郵便事業の東京都代々木支店において、個人情報約8万件を記録したメディアが、所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、配達情報総合システムのバックアップ用テープ1本。同支店が管轄する地域内の全世帯の住所、世帯主や家族、同居人の氏名、事業所名、配達順路、転居情報など約8万件の個人情報が含まれる。5月17日に紛失が判明した。

同社は、テープに記録されたデータは暗号化されており、専用の機械を利用しないと読み取りできないとして、外部漏洩の可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2012/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャッシュされた個人情報が表示される不具合 - カモ井加工紙
「思い出あんしん保管サービス」で一部個人情報が閲覧可能に - クラウドストレージのIDやPWも
手形や小切手の画像データを記録したメディアを紛失 - 中京銀
診断書など顧客情報約4万件含む磁気テープが所在不明 - 第一生命
子会社で顧客情報含む磁気テープの誤送付を公表 - 沖縄銀
顧客情報入り磁気テープが個人情報輸送サービスで所在不明に - 北越銀
書き損じ通帳や証書を紛失、誤廃棄の可能性 - 東北労金
法人顧客約1万3600件の情報含む磁気テープを紛失 - 日本トラスティ
自然保護奨励金の振込口座情報約2700件含む磁気テープを紛失 - 神奈川県
委託先宛名シールの重ね張りでゲームソフト会社が謝罪