Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャッシュされた個人情報が表示される不具合 - カモ井加工紙

マスキングテープ「mt」オンラインショップにおいて、アクセスした会員とは関係ない別の会員の氏名やメールアドレスが表示される不具合が発生した。

同サイトを運営するカモ井加工紙によれば、サイトで実施した「ファンサイトリニューアル記念限定テープフェア」において、アクセスした本人とは別の会員の氏名やメールアドレスが表示され状況に陥ったという。10月6日10時半ごろ利用者の指摘により問題へ気が付いた。

8月26日9時以降に同サイトにログインした場合、会員の氏名欄にほかの会員の氏名が表示されたり、ログイン画面で会員メールアドレスを記憶させている場合、他会員のメールアドレスが表示される不具合が発生した。

8月26日より新サーバへ移管したが、商品ページのキャッシュ機能においてプログラムの不具合があり、正しい情報が表示されない状態になったという。

同社では13時15分にサイトを一時停止し、不具合を解消した。同社では、対象となる会員に個別に案内するとしている。

(Security NEXT - 2015/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化