Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研

みずほ総合研究所は、顧客情報を記録したバックアップ用の磁気テープが所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、顧客管理システムのバックアップデータを保存した磁気テープ(Linear Tape-Open)を紛失したもの。みずほ銀行との共同運営事業であるMIZUHO Membership Oneに関する情報や、みずほ銀行などから委託されている業務情報も保存されていた。

具体的には、顧客情報66万9000件や顧客のサービス利用実績に関する情報183万8000件で、2018年12月7日までに取り引きがあった情報が対象。みずほ銀行との共同事業に関する法人情報約5万1000件や、みずほ銀行より受託している相談サービスの関連情報約34万2000件なども含まれる。

顧客情報としては、氏名、企業名、代表者氏名、連絡窓口の担当者氏名のほか、住所、電話番号、メールアドレス、性別、年齢、売上データ、サービス利用実績、取引部店、口座番号などが記録されている。

調査を行ったところ、外部への持ち出しの形跡や不正利用などの報告はなく、誤って廃棄した可能性が高いと同社は説明。磁気テープよりデータを復元するには、システム環境を構築する必要があり、第三者により情報を解読される可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市