Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

来院したプロスポーツ選手の情報を病院職員がTwitterへ投稿

小山記念病院は、職員が来院した患者に関する書き込みをTwitterに行い、個人情報の流出が発生したと発表した。

来院したプロサッカー選手に関して、同院職員が5月18日にTwitter上へ数回にわたり投稿したもの。職員は診療録を整理した際、偶然情報を発見して投稿したという。インターネット上で炎上騒ぎとなり、同院に対して匿名の指摘があり問題が発覚した。

同院では関係者に謝罪。Twitter上に書き込まれた内容以外の不正利用はなかったと説明しており、他患者の個人情報漏洩や私的利用についても否定している。

同院では、ソーシャルメディアの利用に関して研修を実施するほか、利用規程などを策定する。また職員について処分を検討する。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
Windowsの「タスクスケジューラ」にあらたな脆弱性 - 修正方法は不明
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性