Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、複数製品の脆弱性88件を修正する定例パッチを公開

Oracleは、同社データベース製品やミドルウェア、ビジネススイートなど各製品の深刻な脆弱性を解消する定例パッチを公開した。

今回パッチが公開されたのは「Oracle Database」をはじめ、複数製品の更新プログラム。リモートでコードが実行できる深刻な脆弱性をはじめ88件を修正した。

同社では、できるだけ早く修正プログラムを提要するよう呼びかけている。影響を受ける製品は以下のとおり。

Oracle Database 11g Release 2
Oracle Database 11g Release 1
Oracle Database 10g Release 2
Oracle Application Server 10g Release 3
Oracle BI Publisher
Oracle DB UM Connector for Oracle Identity Manager
Oracle Identity Manager 11g
Oracle JDeveloper
Oracle JRockit
Oracle Outside In Technology
Oracle WebCenter Forms Recognition
Enterprise Manager Grid Control 11g Release 1
Enterprise Manager Grid Control 10g Release 1
Oracle E-Business Suite Release 12
Oracle E-Business Suite Release 11i
Oracle Agile
Oracle AutoVue
Oracle PeopleSoft Enterprise CRM
Oracle PeopleSoft Enterprise HCM
Oracle PeopleSoft Enterprise HRMS
Oracle PeopleSoft Enterprise FCSM
Oracle PeopleSoft Enterprise PeopleTools
Oracle PeopleSoft Enterprise Portal
Oracle PeopleSoft Enterprise SCM
Oracle Siebel Life Sciences
Oracle FLEXCUBE Direct Banking
Oracle FLEXCUBE Universal Banking
Primavera P6 Enterprise Project Portfolio Management
Oracle Sun Product Suite
Oracle MySQL Server

(Security NEXT - 2012/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性