Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows VistaでIE 9へアップグレード際の不具合が解消

4月11日以降に「Windows Vista」で「Internet Explorer 9」へアップグレードした際、不具合が生じる問題が報告されていたが、4月14日に修正された。

4月11日から13日にかけてアップグレードすると、言語パックのインストールに失敗し、日本語表示が正しく行えない問題が生じていた。日本マイクロソフトセキュリティチームによれば、不具合は4月14日に修正され、現在は正常通りアップデートが行えるという。

同チームは、期間中にアップグレードを実施し、既に不具合は発生している場合は、従来よりアナウンスしている対処法を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を