Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も

細工されたOfficeファイルを開くとコードを実行されるゼロデイ脆弱性が明らかとなった。すでに標的型攻撃に悪用されているという。マイクロソフトではアップデートの準備を進めている。

同社によると、Windowsに含まれるブラウザのレンダリングエンジンの「MSHTML」に脆弱性「CVE-2021-40444」が明らかとなったもの。細工したActiveXコントロールが埋め込まえたOfficeファイルを開くと、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.8」。すでに標的型攻撃による悪用が確認されており、脆弱性の情報も公開されているという。マイクロソフトでは調査を進めており、定例外でリリースする可能性も含めてアップデートの準備を進めている。

また同社のマルウェア対策「Microsoft Defender Antivirus」「Microsoft Defender for Endpoint」では、ビルド1.349.22.0以降で同脆弱性に対する攻撃の検知や保護に対応しており、アップデートするよう求めた。検知すると「不審なCplファイルの実行」として警告が行われるとしている。

また緩和策として、レジストリを更新し「Internet Explorer」において「ActiveXコントロール」のインストールを無効化する方法を紹介。過去にインストール済みの「ActiveXコントロール」は引き続き利用でき、あらたなインストールのみ阻止できるとしている。

(Security NEXT - 2021/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を