Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も

細工されたOfficeファイルを開くとコードを実行されるゼロデイ脆弱性が明らかとなった。すでに標的型攻撃に悪用されているという。マイクロソフトではアップデートの準備を進めている。

同社によると、Windowsに含まれるブラウザのレンダリングエンジンの「MSHTML」に脆弱性「CVE-2021-40444」が明らかとなったもの。細工したActiveXコントロールが埋め込まえたOfficeファイルを開くと、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.8」。すでに標的型攻撃による悪用が確認されており、脆弱性の情報も公開されているという。マイクロソフトでは調査を進めており、定例外でリリースする可能性も含めてアップデートの準備を進めている。

また同社のマルウェア対策「Microsoft Defender Antivirus」「Microsoft Defender for Endpoint」では、ビルド1.349.22.0以降で同脆弱性に対する攻撃の検知や保護に対応しており、アップデートするよう求めた。検知すると「不審なCplファイルの実行」として警告が行われるとしている。

また緩和策として、レジストリを更新し「Internet Explorer」において「ActiveXコントロール」のインストールを無効化する方法を紹介。過去にインストール済みの「ActiveXコントロール」は引き続き利用でき、あらたなインストールのみ阻止できるとしている。

(Security NEXT - 2021/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper