Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三井住友銀行」を装うフィッシング攻撃が発生 - サイト停止するも今後注意を

「三井住友銀行」のオンラインバンキングを装い、アカウント情報を窃取するフィッシング攻撃が確認された。三井住友銀行やフィッシング対策協議会では、誤って情報を送信しないよう利用者へ注意を呼びかけている。

三井住友銀行によれば、フィッシングメールでは「暗証カードの再発行」「ワンタイムパスワードの配布」「フィッシングサイト発生やウイルス報告にともなう確認」など、うその説明を行い、フィッシングサイトへ誘導するという。

問題のサイト上には入力フォームが用意されており、「契約者番号」や「第一暗証」をはじめ、「第二認証」として乱数表、「第三認証」などの情報を送信させる。

フィッシング対策協議会では、攻撃発生を受けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。4月13日16時の時点で同サイトの停止を確認した。今後、同様のフィッシング攻撃が発生するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用