Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows XP」利用組織に最新版への移行検討を呼びかけ - 企業や団体は特に注意を

「Windows XP」「Office 2003」のサポート期間終了まで2年間を切ったことから、日本マイクロソフトは、利用者に最新版への移行を検討するよう呼びかけている。

両ソフトウェアのサポート終了日は2014年4月8日を予定しており、以降はセキュリティ更新プログラムなどを提供されなくなることから、アナウンスを実施したもの。

「Windows XP」の発売は2001年で、すでに10年以上が経過。インターネットにおける脅威など当時から大きく変化しており、同社は使い勝手だけでなく、セキュリティ対策としてのメリットもアピールしている。

移行にあたり特に注意が必要なのは企業や団体。予算の確保や利用するソフトウェアの動作確認など時間を要するケースがある。スムーズな移行を支援するサービスがサードパーティより提供されており、こうしたサービスの活用なども呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも