Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows XP」利用組織に最新版への移行検討を呼びかけ - 企業や団体は特に注意を

「Windows XP」「Office 2003」のサポート期間終了まで2年間を切ったことから、日本マイクロソフトは、利用者に最新版への移行を検討するよう呼びかけている。

両ソフトウェアのサポート終了日は2014年4月8日を予定しており、以降はセキュリティ更新プログラムなどを提供されなくなることから、アナウンスを実施したもの。

「Windows XP」の発売は2001年で、すでに10年以上が経過。インターネットにおける脅威など当時から大きく変化しており、同社は使い勝手だけでなく、セキュリティ対策としてのメリットもアピールしている。

移行にあたり特に注意が必要なのは企業や団体。予算の確保や利用するソフトウェアの動作確認など時間を要するケースがある。スムーズな移行を支援するサービスがサードパーティより提供されており、こうしたサービスの活用なども呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「Firefox 60」がリリース、深刻な脆弱性2件などあわせて26件を修正
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件