Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のMS月例パッチ、ユーザー別の注意事項

日本マイクロソフトは、4月11日に月例セキュリティ更新プログラム6件を公開した。アップデート時、特に注意すべきポイントとして同社が挙げているのは、以下のとおり。

企業ユーザーの場合

「Internet Explorer」の累積的な脆弱性を修正する「MS12-023」と、標的型攻撃が確認されている「Windowsコモンコントロール」の不具合へ対応した「MS12-027」について、至急プログラムを適用するよう呼びかけている。

また「Forefront Unified Access Gateway(UAG)を利用している場合は、別途ダウンロードセンターからプログラム「MS12-026」を入手し適用する必要がある。

開発者の場合

「MS12-027」に関し、今回脆弱性が明らかになったファイル「MSCOMCTL.OCX」を開発したプログラムとともに、独自に配布している場合は、更新プログラムを入手し、ユーザーに提供する必要がある。

コンシューマー

コンシューマーに対しては、自動更新機能が有効になっているか、あらためて確認するよう同社では求めている。無効にしている場合は「Microsoft Update」を実施し、自動更新を有効にすることで、最新の状態に保つことができる。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ