Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、サイバー攻撃の状況を公開 - 飛びかう不審パケットをリアルタイム動画で

情報通信研究機構(NICT)は、サイバー攻撃やマルウェア感染の影響と見られる不審パケットの観測状況について公開を開始した。

インターネットにおける情報セキュリティ上の脅威を観測や分析するインシデント分析センター「nicter」の一部情報を、ウェブサイト「nicterWeb」で公開するもの。

同センターでは、インターネット上で到達可能でありながら未使用となっており、本来パケットが送信されることがまれであるIPアドレス空間「ダークネットトラフィック」へ送信されたパケットを観測しており、これらデータをまとめた。

ウェブサイトでは、不審パケットをリアルタイムに可視化。各国から日本へ送信される様子を地図上で動画で表示する。またホスト国や宛先ポートなど統計情報を参照することができる。

同機構では、同サイトを通じて一般ユーザーへサイバー攻撃の状況を発信。情報セキュリティ関連組織や企業、大学の情報セキュリティ管理部門との情報共有を促進していく。

(Security NEXT - 2012/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出