Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本スマートフォンセキュリティ協会が一般社団法人化 - 133社が参加、新規会員を募集

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、一般社団法人化すると発表した。

同協会は、ビジネス分野におけるスマートフォンやタブレット型端末の利用促進を目指し、2011年5月に発足。通信キャリアやメーカー、ベンダーなどが参加し、情報交換や啓発活動、ガイドラインといった成果物の作成など活動を展開している。

社会的な責任をより明確化し、さらに活動を充実させるとして、4月1日より一般社団法人として活動を開始するもの。現在133社が参加しており、新年度会員を募集している。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー