Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本スマートフォンセキュリティ協会が一般社団法人化 - 133社が参加、新規会員を募集

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、一般社団法人化すると発表した。

同協会は、ビジネス分野におけるスマートフォンやタブレット型端末の利用促進を目指し、2011年5月に発足。通信キャリアやメーカー、ベンダーなどが参加し、情報交換や啓発活動、ガイドラインといった成果物の作成など活動を展開している。

社会的な責任をより明確化し、さらに活動を充実させるとして、4月1日より一般社団法人として活動を開始するもの。現在133社が参加しており、新年度会員を募集している。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害